Anritsu Networks

データセンターソリューション


お問い合わせはこちら


メールマガジン登録

特長

通信事業者
  • PureFlow GS1による高精度な帯域制御で高い通信品質を確保
  • 卓越したコストパフォーマンスを具現する帯域制御装置で導入・運用コストを軽減
  • 大手SIerとのパートナーシップにより、きめ細かなサポートを提供
 

 

市場ニーズ/製品位置づけ

優位性確保へ“高品質”と“低価格”の両立を追求
データセンター(DC)ビジネスも競争激化の一途にあり、「サービス品質の確保による顧客満足度の向上」と「コストダウンによる低価格サービスの提供」の両立が至上課題となっています。提供アプリケーションの高度化、ネットワークの広帯域化に伴って、通信品質の確保は難しくなる一方、回線利用の効率化や品質確保のために帯域制御装置を導入しようとしても、高額な導入コストや運用負荷の増大が障壁になっているのが現状です。こうしたDCサービス事業者が直面している課題の解決に向けて開発されたのが、高精度な帯域制御装置「PureFlow GS1シリーズ」を中心としたデータセンターソリューションです。

 

ソリューション概要

PureFlowGS1シリーズにより高品質・高効率なDCサービス環境を確立
データセンターソリューションの中心となるPureFlowGS1シリーズは、独自開発した高精度帯域制御エンジンを搭載し、ユーザーやサービスごとに必要な帯域を割り当てて高い品質を確保できる帯域制御装置。同時に、従来製品の約1/5という価格設定で導入コストを大幅に抑制できます。また統合管理・監視用の専用ソフトウェア(コンフィグマネージャ/モニタリングマネージャ)も提供されており、運用管理の負荷を軽減。効率的な帯域利用・回線コストの削減で、運用コストも大幅に軽減されます。さらに、国内大手SIerによる迅速かつ丁寧なサポートにより、安心・安全なDCサービス提供の環境を実現できます。

 

特長・機能

高精度な帯域制御で高いサービスレベルを確保
PureFlowGS1シリーズは、マイクロ秒単位の制御、誤差1%以内という極めて精度の高い帯域制御を可能にします。高精度なシェーピング方式により、基幹系、情報系だけでなく、音声・映像などのアプリケーションが混在する統合ネットワーク環境下でも最適にパケットを制御し、高品質の確保と帯域利用効率の向上を実現します。3階層シェーピング機能により、ユーザー単位、サーバ単位、サービス単位など柔軟に保証帯域の割当、帯域制限が可能で、VP、VC合わせて4000超のキュー設定ができます。また、IPv4、IPv6の両方をサポートしており、各種WANサービスに対応します。これらにより、サービスレベルを維持しつつ、効率的な回線帯域利用を実現できます。

<データセンター サーバ別帯域制御>
データセンター サーバ別帯域制御

 

専用の運用管理ソフトがPureFlowGS1の統合運用環境を提供
PureFlowGS1シリーズを一元的に管理・運用・監視する専用ソフトウェア「コンフィグマネージャ」「モニタリングマネージャ」を提供、運用管理負荷の大幅な軽減が可能です。コンフィグマネージャを利用すると、分散配置されたPureFlowGS1の一括設定、変更、グループ化などが容易にできます。また、モニタリングマネージャは、PureFlowGS1の運用状況を監視し、トラフィックデータの収集・蓄積してグラフィカルに表示するとともに、レポート作成機能も合わせて提供します。これにより、ネットワーク管理・運用・監視作業を効率化できます。
 
<GUIによる操作性の高いコンフィグマネージャ画面>

GUIによる操作性の高いコンフィグマネージャ画面
GUIによる操作性の高いコンフィグマネージャ画面
  トラフィック状況をグラフィカルに表示、
レポートできるモニタリングマネージャ画面
トラフィック状況をグラフィカルに表示、レポートできるモニタリングマネージャ画面

 

圧倒的なコストパフォーマンスを実現
帯域制御装置の導入・活用には膨大なコストが必要でしたが、PureFlowGS1シリーズは,同レベルの従来装置と比較してイニシャルコストを約1/5に、ランニングコストを1/4程度に抑制することができます。他社製品と比べてもその卓越したコストパフォーマンスが高い評価と豊富な実績に結びついています。

<圧倒的なコストパフォーマンス―他社製品とのコスト比較例>
圧倒的なコストパフォーマンス―他社製品とのコスト比較例

 

国内大手SIerが迅速にきめ細かくサポート
このデータセンターソリューションには、PureFlowGS1と統合管理ソフトウェアに加えてサポートサービスを合わせて提供します。国内大手SIerとのパートナーシップによって、国内ベンダーならではの迅速かつ丁寧なサポートが用意されているので安心して導入・活用ができます。

 

特長・機能   システム構成

システム構成

データセンターソリューションは、
PureFlow GS1シリーズ
統合管理用ソフトウェア「コンフィグマネージャ/モニタリングマネージャ」
サポートサービス
で構成されます。

<サーバ管理サービス会社のサーバ別帯域制御>システム構成

 

仕様

PureFlow® GS1シリーズ   GS1-F GS1-FB GS1-G GS1-GB
形名   PF7000A PF7001A PF7010A PF7011A
制御可能帯域幅   10kbps~100Mbps  10kbps~1Gbps
帯域制御設定単位   1kbps  1kbps
階層化   2階層(標準) 3階層(オプション*5) 
仮想パイプ数   512  1,024(合計4096オプション*6
仮想チャネル数   512  1,024(合計4096オプション*6
フィルタルール数 8,192  8,192
インタフェース ネットワークポート*1 100BASE-TX × 2  1000BASE-T × 2
コンソールポート  RS232C(RJ-45) (RJ-45/DB9 ケーブル付属) 
コンパクトフラッシュスロット  CFA規格 3.3V対応 
管理用イーサネットポート*1 100BASE-TX 
帯域制御   
 
制御可能トラフィック IEEE802.1Q*4、IPv4パケット、IPv6パケット 
管理可能な項目 

L2 VLAN ID、CoS 
L3 IPアドレス、プロトコル番号、ToS(IPv4)、トラフィッククラス(IPv6) 
L4 TCP/UDP、ポート番号 
L7*2 H.323*3、SIP*3、FTP 
帯域設定  仮想パイプの最大保証帯域、
仮想チャネルの最大帯域および最低保証帯域 
運用管理

設定  コンソール/TelnetによるCLI 
管理  コンソール/TelnetによるCLI、
SNMPv1/v2c/v3、Enterprise MIB、SYSLOG 
その他  SNTP、Webによるトラフィック監視 
障害対策 バイパス機能 対応 対応
電源 AC100V、50/60Hz ±1Hz
(消費電力:30VA@AC100V、50/60Hz 、発熱量30W・s 26kcal)
環境条件 動作温度 0~40℃
動作湿度 20%~80%(ただし、結露なきこと)
寸法 212(W)×375.5(D)×55(H)mm
重量 2kg
オプション ラックマウントキット(1台取付用 ・2台取付用)、CFカード

*1:Auto-MDIX機能に対応
*2:別途、ソフトウェアオプション(GS1 ライセンスキー1【形名:PU700301A】)が必要です。
*3:Auto Scenario(自動帯域割当て機能)に対応
*4:多重VLANについては、1Qin1Qフレームのみ制御可能(ただし、アウタータグのみ識別可能)
*5:3階層シェーピング機能はソフトウェアオプション(GS1ライセンスキー2【形名:PU700305A】)が必要です。
*6:4000キュー機能はソフトウェアオプション(GS1ライセンスキー3【形名:PU700306A】)が必要です。

 

特長・機能   システム構成

▲ページ先頭へ戻る