Anritsu Networks

テレメータ・遠隔監視システム-製品一覧表


お問い合わせはこちら


メールマガジン登録

テレメータ・遠視監視システム FL-net オープンネットワーク採用 JEMA(日本電機工業会)公式認証機器

テレメータ・遠隔監視システム-製品一覧表

製品遠隔監視制御装置
基本部
遠隔監視制御装置
拡張部
遠隔監視制御装置
基本部
遠隔監視制御装置
入力用
遠隔監視制御装置
出力用
遠隔監視制御装置Gateway 装置
形名 NH3001A
NH3001A-C1 NH3001A2
NH3001A2C1
NH3002A
NH3002A-C1
NH3005A
NH3005A-C1 NH3005A2
NH3005A2C1
NH2501A
NH2501A-C1 NH2501A2
NH2501A2C1
NH2502A
NH2502A-C1
NH2505A
NH2505A-C1 NH2505A2
NH2505A2C1
NH6001A
NH6001A-C1
モデム通信対向方式 1対1接続方式、1対N接続方式 1対1接続方式、1対N接続方式の子局
伝送路 符号品目50b/s(2W)、帯域品目3.4kHz、3.4kHz(S)(2W/4W)、一般公衆回線
伝送速度 50b/s:50bit/s / 3.4kHz、3.4kHz(S):9600、7200、4800、2400、1200bit/s /
一般公衆回線:14400、12000、9600、7200、4800、2400、1200bit/s
伝送手順 HDLC通信、サイクリックデジタル通信(CDT)
PLC間通信通信回線 Ethernet(LAN)
伝送速度 10Mbit/s、100Mbit/s
伝送手順 FAリンクプロトコル[FL-net:OPCN2 Ver2.00(NH3001A、NH3001A2、NH2501A、NH2501A2、NH2502A、NH6001A) / Ver3.00(NH3005A、NH3005A2、NH2505A、NH2505A2)](オプション※NH6001Aのみ標準搭載)
WAN
通信
通信回線 デジタル専用線、広域イーサネット、フレッツ網、Ethernet(WAN)等
伝送速度 10Mbit/s、100Mbit/s
伝送手順 アンリツオリジナル手順(最大16ポート)
アナログ入力信号点数 4量
(4チャネル)
4量
(4チャネル)
/ユニット
8量[4量x2](8チャネル) 4量
(4チャネル)
4量
(4チャネル)
信号
種別
電圧
入力
DC0~5V(DC1~5V)
電流
入力
DC0~20mA(DC4~20mA)
インピーダンス電圧
入力
1MΩ
電流
入力
250Ω
絶縁 入力-演算回路間および入力相互間
アナログ出力信号点数 4量
(4チャネル)
4量
(4チャネル)
/ユニット
4量
(4チャネル)
信号
種別
電圧
出力
DC0~5V(DC1~5V)
電流
出力
DC0~20mA(DC4~20mA)
インピーダンス電圧
出力
1kΩ以上
電流
出力
550Ω以下
絶縁 出力-演算回路間(出力相互間は無し)
デジタル入力信号点数 24点(内8点パルス利用可) 16点/ユニット
(内16点パルス利用可)
32点
[16点x2]
(内32点パルス利用可)
16点(内16点パルス利用可) 16点(内16点パルス利用可)
信号種別 フォトカプラによる無電圧接点入力
供給電源 標準仕様[12Vdc、約5mA / 1点] 24V仕様[24Vdc、約4mA / 1点]※1
デジタル出力信号点数 24点(内8点パルス利用可) 16点/ユニット 16点
[8点x2]
(内16点パルス利用可)
16点(内16点パルス利用可) 8点(内8点パルス利用可)
信号種別 FETによるオープンドレイン出力(マイナスコモン)
接点容量 110Vdc、50mA以下
絶縁 出力-演算回路間(出力相互間は無し)
異常出力 装置異常・通信異常:各1点 装置異常:1点/モデム 装置異常・通信異常:各1点 装置異常・通信異常:各1点
停電入力 1点 1点 1点 1点
電源断監視機能 監視のみ 監視および通知
電源冗長化 ×
腐食性ガス対策 ○(硫化水素[H2S]、塩素[Cl2])※NH3001A-C1、NH3001A2C1、NH3002A-C1、NH3005A-C1、NH3005A2C1、NH2501A-C1、NH2501A2C1、NH2502A-C1、NH2505A-C1、NH2505A2C1、NH6001A-C1に採用
動作温度 -10~50℃(コールドスタート時は0℃以上)
動作湿度 10~90% RH(非結露)
アナログ精度保障温度 0~45℃
電源電圧 定格100Vac/定格24Vdc
消費電力 50VA以下 60VA以下
(ユニット5枚実装時)
50VA以下 45VA以下 45VA以下 45VA以下 35VA以下
外形寸法(mm) 200(H)×220(W)×170(D) 200(H)×120(W)×170(D) 200(H)×100(W)×170(D)
  • ※1供給電源に24V仕様を選択した場合、形名の最後に2が追加されます。
    対象機種[NH3001A、NH3005A、NH2501A、NH2505A]
 
製品連絡用通話装置
形名 NH1201A
対応装置 NH3001A、NH3005A、NH2501A、NH2502A、NH2505A、NH6001A 動作温度 -10~50℃(コールドスタート時は0℃以上)
対応回線 3.4kHz専用線(2W/4W)、3.4kHz(S)専用線(4W) 動作湿度 10~90% RH(非結露)
通話方式 切替方式 電源電圧 付属のケーブルでNHシリーズ遠隔監視制御装置より給電(DC5V)
対向方式 親局間、子局間、親孫間、子孫間、孫局間 消費電力 1W以下
音量調整 着信音量:4段階(鳴動なし含む),受話音量:4段 外形寸法(mm) 140(H)×80(W)×35(D)
送受話器 ハンドセット標準添付(切替によりヘッドセット対応可能)    
連続通話時間 10分(10分を超えると、自動的に通話が切断されます)    
連続呼出時間 3分(3分を超えると、自動的に呼出を終了します)    

テレメータ・遠隔監視システムのよくあるご質問

 
 
NH3000シリーズとNH2500シリーズを対向で使えますか?
可能です。NH3000シリーズ、NH2500シリーズ、NH6000シリーズの対向組合せは自由です。
NH2500シリーズ、NH6000シリーズにNH3002A拡張部は使えますか?
使えません。NH3002A拡張部は、NH3000シリーズのみ、利用可能です。
NH6000シリーズを親局側装置として使えますか?
可能です。
DC電源に対応していますか?
DC24Vに対応しています。
デジタル専用線を使った場合でも、NH1201A連絡用通話装置は利用できますか?
使えません。NH1201Aは3.4kHz専用回線利用時のみとなります。
FL-netソフトウェアライセンスを機器購入後に追加することは出来ますか?
可能です。
専用ツールはどのように提供されますか?
専用ツールは、装置に内蔵されています。パソコンを使って取り出せます。
専用線はどんな回線に対応していますか?
下記回線に対応しています。
・符号品目50b/s(2W)
・帯域品目3.4kHz(2W/4W)
・帯域品目3.4kHz(S)(2W/4W)
・アナログ一般公衆回線(2W)
伝送速度は、どんな種類に対応していますか?
下記種類に対応しています。
・符号品目50b/s(2W):50bit/s
・帯域品目3.4kHz(2W/4W):1200bit/s固定、1200~9600bit/s可変
・帯域品目3.4kHz(S)(2W/4W):1200bit/s固定、1200~9600bit/s可変
・アナログ一般公衆回線(2W):1200~14400bit/s可変
無電圧a接点の規格は?
下記規格になります。
・異常出力接点容量:30Vdc、50mA以下
・デジタル出力接点容量:110Vdc、50mA以下
接点の入出力は負論理化ですか、正論理化ですか?
接点ON:正論理、接点OFF:負論理です。
取扱説明書は添付されていますか?
納入機器に添付されます。
対応する入出力点数範囲はどの程度ですか?
入出力点数は、下記の通りです。
・NH3001A:アナログ入力4量/アナログ出力4量/デジタル入力24点/デジタル出力24点
・NH3005A:アナログ入力4量/デジタル入力32点/デジタル出力16点
・NH2501A:アナログ入力4量/デジタル入力16点
・NH2502A:アナログ出力4量/デジタル出力16点
・NH2505A:アナログ入力4量/デジタル入力16点/デジタル出力8点
連絡電話の機能に対応していますか? 又必要な回線速度は?
対応しています。必要な回線速度は4800bit/s以上です。
対応している電源種別は何ですか?
下記電源種別に対応しています。
・定格100Vac(動作範囲 90~110Vac)
・定格24Vdc(動作範囲 19.2V~28.8Vdc)
NHシリーズテレメータの接点入力の内部供給電圧は何ボルトですか?
DC12VとDC24V仕様をラインナップしています。
NHシリーズテレメータにRAS機能はありますか?
装置異常・通信異常・装置稼働状況等のRAS出力が可能です。
設置環境に制限はありますか?
下記制限があります。
・動作温度:-10~50℃(コールドスタート時は0℃以上)
・アナログ精度保証:0~45℃
・動作湿度:10~90%RH(結露しないこと)
腐食性ガスに対応していますか?
NH1201A連絡用通話装置以外対応しています。
定期的に交換が必要なユニットはありますか?
ございません。
耐用年数はどのぐらいですか?
耐用年数としての表記はできませんが、MTBF(平均故障間隔)は約10年です。
注)設置環境により、MTBFは変わります。
装置の価格を教えてください。
価格を知りたい機種名、所要数等を下記申し込みサイトより入力いただければ該当機種のお見積価格をご連絡させていただきます。
お見積り依頼はこちら
事前検証のために装置を借りることはできますか?
事前検証用の装置をご用意しています。下記、申し込みサイトよりお申し込み下さい。
機器貸し出し依頼はこちら
装置の保守契約は可能でしょうか?
装置の保守契約については下記連絡先までお問合せ下さい。
アンリツネットワークス カスタマサポートセンター
電話:0120-279-377(046-296-6577)
受付時間:8:30~17:00(弊社休業日を除く)
WEBからのお問い合せは下記から
保守契約に関するお問い合わせはこちら
購入した装置の調子がおかしい場合の問合せ先を教えてください。
修理・アフターサービスのご依頼・お問い合わせについて、下記連絡先までご連絡ください。
アンリツネットワークス カスタマサポートセンター
電話:0120-279-377(046-296-6577)
受付時間:8:30~17:00(弊社休業日を除く)
WEBからのお問合せは下記から
修理・アフターサービスに関するお問い合わせはこちら

ページ先頭へ戻る