Anritsu Networks

ユニファイドネットワークコントローラ PureFlow WS1


お問い合わせはこちら


メールマガジン登録

ユニファイドネットワークコントローラ PureFlow WS1

簡単なアンケートに入力するだけで使用環境に適した機器を提案します。
↓↓まずはクリックください!↓↓
転送高速化 効果体感サイト

ユニファイドネットワークコントローラ PureFlow WS1

ユニファイドネットワークコントローラ PureFlow WS1は、新しい形のアプライアンスです。
ネットワークの課題・ニーズに応じて必要な機能を選択して実装することにより、金融・流通・製造、IoT・クラウドなど業種やサービスを問わず、最適なソリューションをご提供します。

モデル形名標準帯域最大帯域備考
PureFlow WS1 NF7501A 100Mbit/s 1Gbit/s 帯域制御ソフトウェアを標準実装
  • 帯域拡張ライセンスを導入することで、最大帯域まで拡張できます。

特長1 高精度な帯域制御で通信品質の向上を実現

独自開発した高精度帯域制御エンジンを搭載し、レイヤ2~レイヤ4レベルでパケットを識別して、マイクロ秒単位でパケット送信間隔を調整することで、極めて精度の高い帯域制御を実現しています。
サーバからのトラフィックとTV会議やIP電話などのストリーミングが混在する環境下でも、バースト状態のパケットを自動調整し最適な配信間隔で送出、ネットワークの輻輳を回避しパケットの遅延や損失を防止して、安定した通信品質を確保します。
これにより、契約回線帯域を最大限に活用しながらコストを抑制しつつ、通信品質(QoS)の向上を実現できます。

高精度な帯域制御で通信品質の向上を実現

特長2 様々な機能を実装し、より使いやすく柔軟に帯域制御を実現

ポートシェーピングを含めた4階層シェーピング機能を標準実装しており、契約回線単位、拠点単位、部門単位、アプリケーション単位など、様々な帯域制御ポリシーに合わせた帯域制御が可能となりました。
また、シナリオ設定数を最大4,096件まで拡張できるので、きめ細かく、多くのトラフィックの帯域制御が可能です。
SFPポートの追加、制御ポート数が4ポート、RJ-45ポートでのバイパス機能対応など、設置の柔軟性を高めてより使いやすくなりました。

  • 標準シナリオ数は、2,048です。最大シナリオ数まで拡張するには、別途シナリオ拡張ライセンスを適用する必要があります。

様々な機能を実装し、より使いやすく柔軟に帯域制御を実現

特長3 TCP高速化機能ライセンスの適用が可能に

距離遅延の課題であるTCPスループット低下を抑え、回線性能を十分発揮できるTCP高速化機能ライセンスが適用可能です。
帯域制御機能とTCP高速化機能を両立することで、WAN回線のTCP高速通信や帯域制御による効率利用、LAN回線の帯域確保、バースト抑制など、WAN/LANの両面で通信品質の向上を実現できます。

TCP高速化機能ライセンスの適用が可能

特長4 Web-GUI対応、REST(Web-API)、OpenFlow対応で操作性も向上

WebベースのGUI機能により、初めての方でも使いやすくなりました。ポート/シナリオ単位のトラフィックモニタに対応しており、現在のトラフィック状況も簡単に確認することができます。
また、外部サーバなどからREST(Web-API)やOpenFlowに対応したことで、システムに連動した制御を容易に実現できます。

Web-GUI対応、Web-API、OpenFlow対応で操作性も向上

特長1 距離遅延によるスループットの低下を抑えTCP高速通信を実現

TCP高速化機能ライセンスの導入により、長距離通信の課題であるTCP通信のスループット低下を抑え、安定した高速通信を実現できます。

距離遅延によるスループットの低下を抑えTCP高速通信を実現

特長2 独自の輻輳制御アルゴリズムによりパケット廃棄が多い回線でも転送レートを向上

通常の輻輳制御では、パケット廃棄が起こるとスループットが低下した後、回復するまでに多くの時間が掛かります。
しかし、独自の輻輳制御アルゴリズムにより、パケット廃棄によるスループット低下/回復時間を短縮して高い転送レートを維持できます。

独自の輻輳制御アルゴリズムによりパケット廃棄が多い回線でも転送レートを向上

特長3 TCP-FEC機能で、パケット廃棄による再送処理を抑制

ユーザデータと冗長データはTCPカプセル化して、標準規定(RFC)に準拠した通信方式を採用しています。
特殊なTCPオプションやフラグメントを使用していないので、ネットワークの変更が必要ありません。

TCP-FEC機能で、パケット廃棄による再送処理を抑制

特長4 上位機種である PureFlow WSXと対向運用も可能

TCP高速化機能を利用するには、PureFlow WS1 との対向設置だけでなく、10Gbit/s対応のPureFlow WSX と対向設置することでも実現できます。
帯域の狭い海外拠点は PureFlow WS1 を導入、多くのトラフィックが集まる本社やデータセンタは最大10Gbit/sまで対応できる PureFlow WSX を導入するなど、回線容量に合わせた最適な機種が選択可能です。

上位機種である PureFlow WSXと対向運用も可能

適用例1 企業ネットワークにおける通信品質確保/ファイル高速転送

企業ネットワークにおける通信品質確保/ファイル高速転送

適用例2 金融システムにおける安定稼働に

金融システムにおける安定稼働に

適用例3 グローバルに設計・製造を行う製造業様の高速ファイル転送

グローバルに設計・製造を行う製造業様の高速ファイル転送

適用例4 グローバルにコンテンツ共有・配信を行う環境でのコンテンツファイル高速転送

グローバルにコンテンツ共有・配信を行う環境でのコンテンツファイル高速転送

仕様

モデルPureFlow WS1
形名NF7501A
制御可能帯域幅 1kbit/s~1Gbit/s※1
シナリオ最大シナリオ数 4,096※2
最大シナリオ階層数 4階層
シナリオ種別 アクセラレーションモード、集約モード、個別モード、廃棄モード
フィルタ最大フィルタ数 10,000
ルールリスト最大グループ数 1,024
最大エントリー数 512
フロー最大フロー数 512,000
インタフェースNetworkポート SFP 4ポート、RJ-45 2ポート
ポート1、2、3、4はSFPポート※3。ポート1B、2BはRJ-45ポート
ポート1、2とポート1B、2Bは切替え式で同時使用不可
 Network
バイパスポート
適用ポート ポート1B、2B(RJ-45)
適応規格 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T
コンソールポート RS-232C(RJ-45)×1、miniUSB ×1
SDカードスロット 1スロット
USBポート 1ポート(USB 2.0 コネクタタイプ:タイプA)
管理用Ethernetポート 1ポート(RJ-45(10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T))
帯域制御制御可能トラフィック VLAN Tag(IEEE802.1Q)、QinQ(IEEE802.1ad)、
IPv4パケット、IPv6パケット
管理
可能
項目
レイヤ2 VLAN ID、CoS、Ethernet-Type
レイヤ3 IPアドレス、プロトコル番号、ToS(IPv4)、
トラフィッククラス(IPv6)
レイヤ4 TCP/UDPポート番号
帯域設定 最低保証帯域、最大帯域、バッファサイズ、優先度(8レベル)
トラフィック
アクセラレーション※4
対象プロトコル TCP(IPv4/v6)
最大TCPセッション数 40,000
最大TCP-FECセッション数※4 400
データ圧縮方式 ZIP方式
輻輳制御機能 独自TCP輻輳制御(High Speed Adaptive TCP)
接続構成 In-Path接続、Out-Of-Path接続
アクセラレーション
バイパス機能
RTT測定、TCP接続エラー、KeepAliveエラー、強制により
アクセラレーションをバイパス
冗長構成 セカンダリピア切替
SMBプロトコル
アクセラレーション
最大SMBセッション数 1,000
SMBバージョン SMB2.0.2、SMB2.1
VLAN対応 VLAN Tag(IEEE802.1Q)、QinQ(IEEE802.1ad)
リマーキング機能 CoS、DSCPに対応
最大フレーム長Networkポート 2,048byte、または10,240byte
管理用Ethernetポート 1,518byte
運用管理設定 コンソール/Telnet/SSHv2によるCLI、RADIUS認証対応、
WebAPI、WebGUI、OpenFlow※5
管理 コンソール/Telnet/SSHv2によるCLI、SNMPv1/v2c/v3、
EnterpriseMIB、SYSLOG、ピークレートモニタ、WebGUI、
OpenFlow※5
その他 モニタリングマネージャ2※6によるトラフィック監視
障害対策 リンクダウン転送機能、ネットワークバイパス機能
電源 AC100V-127V、AC200V-240V 50/60Hz ±2Hz
消費電力 85VA以下、65W以下
環境条件動作温度/動作湿度 0~40℃/20~80%(結露なきこと)
寸法/質量 42(H)、212(W)、375.5(D) mm(突起物は除く)/ 2.2kg以下
安全規格 UL62368-1、CSA C22.2 No.62368-1-14、EN60950-1、
BSMI CNS 14336-1
妨害波規格 VCCI-A、FCC-A、EN55032-A、RCM、JIS C 61000-3-2、BSMI-A
  • ※1標準時は100Mbit/sまで制御可能。200Mbit/s、400Mbit/s、700Mbit/s、1Gbit/sへの拡張は別途オプションライセンスが必要です。
  • ※2標準時は2,048シナリオまで可能。4,096シナリオへの拡張は別途オプションライセンスが必要です。
  • ※3SFPはオプションです。1000BASE-LX、1000BASE-SX、10BATE-T/100BASE-TX/1000BASE-T SFPを用意しています。
  • ※4TCP高速化機能、TCP-FEC機能は別途オプションライセンスが必要です。
  • ※5OpenFlowによる設定・管理には、別途オプションライセンスが必要です。
  • ※6別売りモニタリングソフトウェア「モニタリングマネージャ2(NF7201A)」およびサーバマシンが必要です。

本製品(NF7501A)には、Linuxが含まれています。
お客様には、これらのソフトウェアのソースコードを入手、改変、および再配布する権利があります。
ソースコードのご要求は、ページ内の「お問い合わせ」からご依頼ください。
なお、ソースコードの内容等についてのご質問にはお答えできませんので、予めご了承ください。

オーダリングインフォメーション

本体

形名品名備考
NF7501A ユニファイドネットワークコントローラ PureFlow WS1※1、 ※2
最大転送帯域 1Gbit/s、 バイパス標準実装
  • ※1TCP高速化機能は別途オプションライセンスが必要です。
  • ※2AC電源コードは添付されておりませんので別途お買い求めください。

オプション

形名品名備考
NF7500–M001A ラックマウントキット 本装置1台取り付け用
NF7500–M002A ラックマウントトレー 本装置2台取り付け用
NF7500-M003A 高さ補正アダプタ(PZ006用) ラックマウントキットB(GS1用トレー)への取付用金具
NY02003A SFPモジュール(10/100/1000BASE-T) 1Gbit/sのUTPケーブル用モジュール
NY02004A SFPモジュール(1000BASE-SX) 1Gbit/sのMMF用光モジュール
NY02005A SFPモジュール(1000BASE-LX) 1Gbit/sのSMF用光モジュール
NY10002A USBメモリ(8GB) 当社動作保証品
NY10003A SDカード(1GB) 当社動作保証品
NY06004A コンソールケーブル RJ–45/DB–9アダプタケーブル
NY01001A AC電源コード(米国向け)※1 長さ2.5m
NY01002A AC電源コード(中国向け)※1 長さ2.5m
NY01003A AC電源コード(英国向け)※1 長さ2.6m 英国、香港向け
NY01004A AC電源コード(日本向け)※1 長さ3.0m PSE
NY01005A AC電源コード(欧州向け)※1 長さ2.5m
NY01007A AC電源コード※1 長さ3.0m インド向け
NY01008A AC電源コード※1 長さ2.5 m オーストラリア、ニュージーランド向け
NY01009A AC電源コード※1 長さ2.0m シンガポール向け
NY01010A AC電源コード※1 長さ2.0m マレーシア向け
NY01011A AC電源コード※1 長さ2.0m タイ向け
NY01013A AC電源コード※1 長さ2.0m インドネシア向け
NY01014A AC電源コード※1 長さ2.5m 台湾向け
  • ※1本体購入時に別途お買い求めください。

ソフトウェアライセンス

形名品名備考
NF7500-L111A 帯域拡張ライセンス 200M 1ポートあたりの転送帯域を100Mbit/sから200Mbit/sに拡張
NF7500-L112A 帯域拡張ライセンス 400M 1ポートあたりの転送帯域を100Mbit/sから400Mbit/sに拡張
NF7500-L113A 帯域拡張ライセンス 700M 1ポートあたりの転送帯域を100Mbit/sから700Mbit/sに拡張
NF7500-L114A 帯域拡張ライセンス 1G 1ポートあたりの転送帯域を100Mbit/sから1Gbit/sに拡張
NF7500-L115A 帯域拡張ライセンス 200M to 400M 1ポートあたりの転送帯域を200Mbit/sから400Mbit/sに拡張
NF7500-L116A 帯域拡張ライセンス 400M to 700M 1ポートあたりの転送帯域を400Mbit/sから700Mbit/sに拡張
NF7500-L117A 帯域拡張ライセンス 700M to 1G 1ポートあたりの転送帯域を700Mbit/sから1Gbit/sに拡張
NF7500-L121A シナリオ拡張ライセンス4k 使用可能なシナリオ数を2,048から4,096に拡張
NF7500-L131A OpenFlow機能ライセンス OpenFlow機能が使用可能
NF7500-L201A TCP高速化機能ライセンス TCP高速化機能が使用可能
NF7500-L211A FEC機能ライセンス※1 FEC機能が使用可能
  • ※1FEC機能を適用するには、TCP高速化機能ライセンスを適用している必要があります。

PureFlow WS1のよくあるご質問

PureFlow WS1 とは、どのような装置ですか。
本装置は、IPネットワーク上を流れるトラフィックをフロー別に分類し、それぞれに対し高精度で帯域制御を行います。また、TCP 高速化機能ライセンス(オプション)を適用することで、長距離通信等による速度低下を防ぐこともできます。
PureFlow GS1 と異なる点は何ですか。
PureFlow GS1 は4機種あり、回線帯域上限(100Mbit/s/1Gbit/s)とバイパス機能有無の組み合わせて機種を選択していただく必要がありました。PureFlow WS1 は1機種に統合し、回線帯域上限については 100Mbit/s を標準とし、帯域拡張ライセンスで 1Gbit/s まで拡張できるようにしました。またバイパス機能については固定 RJ-45 ポートに対し標準で搭載しております。そのほか、制御可能階層の4階層化や、固定 RJ-45 ポート以外に SFP ポートを使用可能とするなど、PureFlow GS1 から強化した機能が多くあります。詳細については販売代理店、または弊社営業部門へお問合せ下さい。
PureFlow GS1 の代わりに PureFlow WS1 を使用することは可能ですか。
可能です。PureFlow WS1 は、PureFlow GS1 の機能をほぼ包含しております。また、PureFlow GS1 の設定データを PureFlow WS1 でも使用できるように、設定データを変換するツールを用意しておりますので、機種変更における設定データの再構築など余計な作業が発生することはありません。詳細については販売代理店、または弊社営業部門へお問い合わせください。
帯域制御機能とTCP高速化機能の両立は可能ですか。
可能です。PureFlow WS1 は、帯域制御機能を標準で実装しており、オプションの TCP 高速化機能ライセンスを適用することで、帯域制御機能と TCP 高速化機能を併用してお使いいただくことができます。
PureFlow WS1 を1 台だけ導入してもTCP 高速化の効果はありますか。
1台だけの導入では TCP 高速化機能は働きません。PureFlow WS1 は、対向側の PureFlow WSX や WS1 と連動して TCP セッションの高速化を実現するため、ネットワークの両側に設置する必要があります。
PureFlow WS1 とPureFlow WSX を対向設置した場合でもTCP 高速化は可能ですか。
可能です。それぞれに対し、 TCP 高速化機能ライセンス(PureFlow WS1には「TCP 高速化機能ライセンス」、PureFlow WSXには「TCP 高速化ソフトウェアライセンス」)を適用することで、両装置間での TCP 高速化が可能です。
TCP-FEC機能とは何ですか。
トラフィックアクセラレーションの TCP パケットに冗長データを付加し、FEC(Forward Error Correction)を行う機能です。FEC とは、ネットワーク内でパケットロスが発生しても再送処理を行うことなく受信側で冗長データにより復元する技術で、映像や音声などリアルタイムアプリケーションによく使われています。UDP で通信するアプリケーションによく使われている技術で、これを TCP 通信に取り入れたものを「TCP-FEC 機能」と呼んでいます。TCP 通信は、パケットロスが発生すると回線が輻輳していると判断しスループットを低下させますが、この機能を使うことにより、それを回避することができます。よって、パケットロスが発生しやすい回線でも比較的安定した転送性能を実現することができます。
SMBプロトコル高速化機能とはなんですか。
SMB(Server Message Block)プロトコルは、Windows サーバネットワークにおいて、共有フォルダ設定やネットワークドライブを設定することでファイルサーバのファイルを共有するときに使用するプロトコルです。SMB プロトコル高速化機能は、この SMB プロトコルでの通信を効率化し、ファイルリードやファイルライトの操作を高速化します。
電源冗長とFAN冗長に対応していますか。
PureFlow WS1 は冗長構成に対応していません。冗長構成が必要な場合は PureFlow GSX もしくは PureFlow WSX をご検討ください。
遠隔で装置を管理することは可能ですか。
可能です。Telnet や SSH による CLI に加え、WebGUI、WebAPI、OpenFlow(オプション)に対応しているので、簡単にお客様が作成した外部制御プログラムに連動して装置を運用管理することができます。
光回線、メタル回線の両方に対応可能ですか。
対応可能です。制御を行う Network ポートは、SFP に対応しており、1000BASE-T や 1000BASE-SX など、接続するインタフェースに応じて選択する事が可能です。
帯域拡張ライセンスとはなんですか。
制御可能な帯域幅を拡張するライセンスです。標準では1ポートあたりの転送帯域は 100Mbit/s です。帯域拡張ライセンスを導入することで、最大 1Gbit/s まで拡張することができます。
バイパス対応モデルはありますか。
PureFlow WS1 は、標準でバイパス機能に対応しています。バイパスに対応しているポートは、固定のRJ-45(1B,2Bポート)のみで、SFPポートは対応しておりません。光バイパスが必要な場合は、PureFlow WSX をご検討ください。
シナリオ拡張ライセンスとはなんですか。
シナリオとは装置に設定できる制御用の仮想回線を示し、この数を拡張するライセンスです。標準では2,048シナリオであり、シナリオ拡張ライセンスを導入することで4,096シナリオまで拡張可能です。
装置の価格を教えてください。
ご希望の機種名、所要数等を下記申し込みサイトより入力いただければ該当機種のお見積価格をご連絡させていただきます。
お見積り依頼はこちら
使用環境ごとの推奨機種はありますか。
下記サイトで使用する環境などを入力していただくと、推奨機種が表示されますのでご活用ください。
PureFlow 機種検索/高速化効果体感コーナーはこちら
TCP高速化機能を活用した場合、どのぐらいの改善効果が見込めますか。
下記サイトで使用する環境などを入力していただくと、推奨機種のほか、想定される導入効果が表示されますのでご活用ください。
PureFlow 機種検索/高速化効果体感コーナーはこちら
事前検証のために装置を借りることはできますか。
事前検証用の装置をご用意しています。下記サイトよりお申し込み下さい。
機器貸し出し依頼はこちら
装置の保守契約は可能でしょうか。
装置の保守契約については、ご購入いただきました販売代理店が窓口となりますので、下記問合せ先までご連絡ください。
販売代理店のお問い合わせ先はこちら
購入した装置の調子がおかしい場合の問合せ先を教えてください。
装置の故障については、ご購入いただきました販売代理店が窓口となりますので、下記問合せ先までご連絡ください。
販売代理店のお問い合わせ先はこちら

ページ先頭へ戻る