Anritsu Networks

トラフィックシェーパー PureFlow GSX-資料ダウンロード


お問い合わせはこちら


メールマガジン登録

トラフィックシェーパーPureFlow GSX

資料ダウンロード

カタログ

マニュアルダウンロード

以下のマニュアルをダウンロードしていただけます。アンケートへのご協力をお願いいたします。

マニュアル

PureFlowGSX取扱説明書 - 第5版(2017/10/30発行:6.03MB)
PureFlowGSXコマンドリファレンス - 第5版(2017/10/30発行:1.68MB)
PureFlowGSXコンフィギュレーションガイド - 第6版(2017/10/30発行:6.11MB)

PureFlow GSXのよくあるご質問

最初は1Gbit/sで始め、システムのスケールアウト時に増速することは可能ですか。
可能です。PureFlow GSX は帯域ライセンス制を採用しており、標準では1Gbit/sです。その後、帯域拡張ライセンスを適用することで、2Gbit/s、4Gbit/s、10Gbit/sに拡張できます。
電源やFANなど、比較的壊れやすいといわれているユニットの冗長化は可能ですか。
電源はAC電源ユニットを2台実装することで冗長化が可能です。ファンは標準で2台実装されており、1台が故障しても稼働し続けますが、交換時以外は必ず2台実装した状態でご使用ください。
クラウド環境に導入する際、4階層以上必要です。GSXタイプで4階層以上の制御は可能ですか。
可能です。PureFlow GSX は8階層までの制御階層を構成できます。
遠隔で装置を管理することは可能ですか。
可能です。Telnet や SSH による CLI に加え、PureFlow GSX では WebAPI を実装しているので、お客様が作成した制御プログラム を HTTP 経由で装置に反映させることができます。それにより他の装置と合わせた運用を行うことが可能になります。
どのような用途での実績が多いですか。
ネットワークに流れる様々なアプリケーション通信に対し、それぞれ必要な帯域を保証したり、TV会議などのリアルタイム通信を優先させたりして、業務にかかわるさまざまな通信の品質確保用途で利用されるケースが多いです。
フロー制御数はいくつですか。
1,280,000フローとなります。
電源冗長できますか。冗長電源はシェア型ですか。
AC電源ユニットはオプションにより冗長することが可能です。ロードシェア型ではありません。
電源冗長した場合の消費電力は、どうなりますか。
150VA以下です。
光回線、メタル回線の両方に対応可能ですか。
対応可能です。制御を行う Network ポートは、SFP/SFP+ に対応しており、1000BASE-T や 10GBASE-SR など、接続するインタフェースに応じて選択する事が可能です。
シナリオ拡張ライセンスとはなんですか。
シナリオとは装置に設定できる制御用の仮想回線を示し、この数を拡張するライセンスです。標準では4,096シナリオであり、シナリオ拡張ライセンスを導入することで最大40,000シナリオまで拡張可能です。
帯域拡張ライセンスとはなんですか。
制御可能な帯域幅を拡張するライセンスです。標準では1ポートあたりの転送帯域は 1Gbit/s です。帯域拡張ライセンスを導入することで、最大 10Gbit/s まで拡張することができます。
定期的に交換が必要な部品・ユニットはありますか?
AC電源ユニットとファンユニットには寿命があります。安心してご使用いただくためには定期的な交換をお勧めします。交換ユニットの依頼については販売代理店へお問い合わせください。
販売代理店のお問い合わせ先はこちら
装置の価格を教えてください。
ご希望の機種名、所要数等を下記申し込みサイトより入力いただければ該当機種のお見積価格をご連絡させていただきます。
お見積り依頼はこちら
事前検証のために装置を借りることはできますか。
事前検証用の装置をご用意しています。下記、申し込みサイトよりお申し込み下さい。
機器貸し出し依頼はこちら
装置の保守契約は可能でしょうか。
装置の保守契約については、ご購入いただきました販売代理店が窓口となりますので、下記問合せ先までご連絡ください。
販売代理店のお問い合わせ先はこちら
購入した装置の調子がおかしい場合の問合せ先を教えてください。
装置の故障については、ご購入いただきました販売代理店が窓口となりますので、下記問合せ先までご連絡ください。
販売代理店のお問い合わせ先はこちら

ページ先頭へ戻る