Anritsu Networks

TCP高速化/帯域制御(QoS)装置


お問い合わせはこちら


メールマガジン登録

TCP高速化/帯域制御(QoS)装置

導入ソフトウェアでTCP高速化装置、または帯域制御装置として機能する「PureFlow WSシリーズ」
高精度帯域制御(QoS)エンジンを持つ、帯域制御装置「PureFlow GSシリーズ」

導入ソフトウェアでTCP高速化装置、または帯域制御装置として機能する1G~10G対応のネットワークコントローラ

帯域設定誤差1%を実現する10G対応の高精度帯域制御装置

帯域設定誤差1%を実現する100M/1G対応の高精度帯域制御装置

ネットワークに流れるトラフィックの可視化やレポート作成を容易に

PureFlowシリーズを導入されたお客様の声をご紹介

トラフィックシェーパー PureFlow GS1シリーズの製品紹介

帯域制御装置のよくあるご質問

PureFlowはどのような装置ですか。
イーサネットをベースとしたIP通信において、特定の通信に対する帯域確保や、帯域制限を実現する装置です。たとえば業務上重要なデータは一定の帯域を必ず確保するように運用し、重要度の低いデータは一定の帯域を超えないようすることで、業務効率向上を実現するためのアプライアンスです。またリアルタイム性の高い音声や映像なども、必要帯域を確保することで、質の高いアプリケーションサービスを実現することが可能です。
どのような回線タイプに接続できますか。
PureFlowシリーズには1Gbit/sまでの制御を可能としたGS1タイプと10Gbit/sまでの制御を可能としたGSXタイプがあります。GS1タイプはすべてカッパーのインタフェース仕様で、100BASE-TX対応のGS1-F/FB、1000BASE-T対応のGS1-F/FBがあります。またGSXはSFPスロット仕様であり、SFP、SFP+を使用することでカッパーと光の両方に対応することができます。
装置1台で対応可能なライン数はいくつですか。
PureFlow GS1、GSXとも1ラインです。1ライン上の装置間に挟み込む形で装置を接続します。
IPアドレスやTCPのポート番号で制御するのに、装置の両側でセグメントを分ける必要がありますか。
ありません。PureFlowシリーズはパケットをすべて透過しますが、L4レベルまでのパケットフィルタが可能です。よってわずらわしいネットワーク設計をしなくてもIPアドレスや、TCPのポート番号などによる帯域制御は可能です。
帯域設定誤差はどの程度ですか。
独自制御エンジンにより、帯域設定誤差は1%以下です。一般的な帯域制御装置と比較し、非常に高精度なため、より帯域を有効活用いただけます。
PureFlow GSXは、従来機の10G回線対応モデルの位置づけですか。
回線帯域だけでなく、分類ルール数、仮想回線数等すべてのスペックが従来機よりパワーアップしています。
GUIベースの設定ツールはありますか。
ありません。設定の容易性からみれば、PureFlowはシンプルなコマンド体系になっているので容易に設定できます。また、テキストファイルでの流し込みによる設定も可能ですので、規則性のある設定内容であればファイルで編集することで容易に設定することが可能です。
PureFlowシリーズのトラフィック情報を監視することは可能ですか。
「モニタリングマネージャ2」を利用することで、トラフィック量の監視、グラフ表示、レポート出力などが可能です。

ページ先頭へ戻る